葬儀の香典返しに関する社会的なマナーについて

香典返しは葬儀の際に香典を出した人に対するお礼として遺族がお返しする物品を指します。香典返しは基本的に香典の金額に対して適切な物品を選ぶので、香典を受けとった際は金額を確認することが大切です。その一方で、特に故人と親しい人へのお返しは金額に関わらず他の人よりも高額な品を選ぶ必要があります。また、お返しする物品は形が残らない消耗品を選ぶのが社会的なマナーなので注意が必要です。香典返しは葬儀を終えて四十九日が経過した後に贈るのが慣例ですが、価値観や生活習慣が多様化した現在では葬儀の場でお返しするケースも増加しています。香典の金額とお返しの物品の差が大きい場合は後日に改めて挨拶状を送ることも大切なマナーの一つです。近年では物品のお返しを行わずにお礼状だけを送付するケースも増加していますが、故人の意思を優先することが大切なので存命のうちに詳細を確認しながら打ち合わせを行う事が親族の大切な務めになります。

香典返しを葬儀の当日にする即日返しのメリット

香典返しの金額は御香典の半分くらい、一家の主がなくなった場合は三分の一くらいの品をお返しするのが一般的です。そのタイミングとしては、四十九日の法要の後に送る場合と葬儀の当日にお返しする場合とがあります。ここ数年では当日にお返しをする即日返しが増えています。即日返しのメリットとしては、香典帳の整理がいらないことと発送の手間が省けることです。四十九日の法要後に送るとなると品を用意して住所を書いて送ることになるのでとても大変です。たくさんの人にお返しする場合はなおいっそうです。整理する途中で漏れがでてお返しできていないというミスもおこりかねません。お返しする品の金額としては、こ香典の金額が大体5千円から1万円くらいなので2千五百円くらいのものを用意することになります。もし多くの御香典をされた方がおられたら四十九日の法要の後に挨拶状を添えてお返しをすれば問題ありません。忙しい人にとって即日返しはとてもメリットがあるといえます。

Valuable information

最終更新日:2015/6/15